宮城県の軽自動車名義変更OCRシートの書き方(提出代行をご依頼されるお客様へ)

記事作成日:2019/08/05

当事務所に軽自動車の名義変更等で提出代行をご依頼されるお客様に、宮城県のOCRシートに記載する際の注意点をご案内いたします。

 

早速ですが記載方法をご案内いたします。

 

車両の車台番号を記載する欄には7ケタ以上ご記入ください車両によってはハイフンの後の数字が6ケタしかないものもありますが、その場合はハイフンから記載し、7ケタになるようにご記入をお願いいたします。

【(例)-123456】

 

 

青枠内の車両番号及び車台番号、使用者氏名又は名称及び住所コード、所有者氏名又は名称及び住所コード、使用の本拠の位置コードなどを記載する枠内は【鉛筆】で記載してください。(ボールペンでも印字でも大丈夫です)

 

 

緑枠内の使用者、所有者、旧使用者、旧所有者の氏名又は名称及び住所は【ボールペン】で記載してください。

 

以上が宮城県での軽自動車の名義変更等のOCRシートの記載方法になります。

 

代書代行をご依頼のお客様は、書類は当事務所で作成しますので気になさらなくても大丈夫ですが、提出代行をご依頼のお客様は上記のようにシッカリと記載をお願いいたします。

 

また宮城県の軽自動車協会では、軽自動車税申告書は宮城県のものしか使えませんので、提出代行をご依頼のお客様で宮城県の軽自動車税申告書をお持ちでない場合は、500円(税別)で税申告書は作成いたしますのでお申し付けください。

 

※税止めを軽自動車協会に依頼する場合(1,000円)は、全国共通?のA5サイズのピンク色の【軽自動車変更(転出)申告書(写)】をご記入くださいますようお願いいたします。

 

当事務所では、郵送等での【提出代行】【代書代行】登録を承っておりますので、ご依頼の際はお気軽にご連絡ください。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com